ご訪問ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------
ブログは、かばおが実際に写真を撮った時間で投稿しています。
しかも行った順番に書いていないので、話が飛んでたりします。

最近の投稿は 野口英世記念館 です。
--------------------------------------------------------------------


現在では研究成果がことごとく否定されていて、医学書にも理学書にも名前が載っていない
野口英世が偉人になれたのは、
英世を支援してくれた先輩後輩・仲間の中で英世が一番早く死んだからではないでしょうか?

自分を良く理解してくれた人がみんな他界してしまってからでは、誰にも惜しんでもらえませんからね。

記念碑を建てたり、追悼行事をやったり、基金を創設したり、って
やってくれる人たちより先に死んだからこそ、ここまで名前が残っているのでは?
とか、ヒネクレて考えています。


政府も人生100年時代を見据えたタスクフォースを立ち上げていますが、
人生長さだけを目的にしたくない、と思っているのはわたしだけでしょうか?


[PR]
# by iamkabao | 2017-12-19 15:05 | ブログ更新のお知らせ | Comments(0)

野口英世記念館

野口英世といえば、目にしない日はほとんどありませんよね??
(クレジットカードと諭吉を持たず、の私の場合。)

野口英世記念館の前は今まで何回も素通りしていたのですが、
今回どういうわけか、ふと訪れてみたくなり行ってきました。
2015年4月に全面リニューアルオープンしたばかりで、とってもきれいでした。





エントランス前で野口英世の胸像がお出迎えです。
d0363525_12471950.jpg
野口英世は千円札の人だってぐらいしか知らなくて、伝記も読んだことなかったんです(恥)。

・・が、実は小さなころにさんざん話して聞かされた偉人だったんです。
展示を見ているうちに当時の記憶がだんだんと蘇ってくることになりました。





それでは中に入りましょう。

1Fのホールを通り抜けて中庭に出るとまず左手に救世観音堂があります。
「救世観音大士」(永平寺貫首の泰彗昭氏による揮毫)と書かれています。
中には一葉観音像が祭られています。
d0363525_12474378.jpg
英世の母シカは生涯にわたって中田観音を大変信仰しており、
それに感銘を受けた堤イト氏が1939年(昭和39年)の野口英世記念館のオープンに
合わせて寄贈したもので、秋元宗清氏の彫刻です。

観音の体内には、小林栄先生がアメリカの英世に送った念持仏が収められているそうです。





これがあの有名な小川です。
母シカがここで洗濯をしていてちょっと目を離したすきに、
英世が囲炉裏の中に転げ落ちてしまったのでした。
d0363525_12481257.jpg
この小川は当時のままで、今でも用水路としての役割を果たしているそうです。





ぐるぐると中庭を回ってくると、英世の生家が当時のまま現存されています。
生家で過ごしたイメージビデオを見ることができます。
d0363525_12491510.jpg
どん底の貧乏だったとは言いながら以外と大きな家だなー、と思ってしまいました。
(左側1/3ぐらい写真から切れてます 泣)
馬小屋(右端)まで一緒になっていたのですね。





こちらは座敷です。
床の間と押入れの間にある床柱に、英世が何やら彫っていますね??
d0363525_12484921.jpg





床柱に彫られた文字の拡大写真 ↓ です。
d0363525_12492616.jpg

「志を得ざれば再び此地を踏まず」。
成功しない限りは実家に帰らないそうです。すごい決心ですね。いやー。

d0363525_12493604.jpg






お隣は、今でいうリビングでしょうか?
右手前は、1歳半の英世が籠から出てまさに囲炉裏に落ちようとしていますっ!!

英世が落ちて左手に大やけどを負い左手がグーのまま固まってしまいました。
実際の囲炉裏が現存されています。
(当時は同様の事故が日本各地で何件もあったそうです。)
d0363525_12485905.jpg
左側の手前は蚕棚です。
母シカが蚕に与える葉をつんだ桑の木も、当時のまま庭に残されています。





家の右端にある馬やです。
d0363525_12494690.jpg





それでは、中庭から野口英世記念館の館内に戻り2Fの展示室へ上がりましょう。

生家を発ってからアメリカで活躍した様子が、英世似の役者さん演じる
ビデオになっています。

展示は
1876~1893年(1歳~18歳) 猪苗代、会津若松時代
1896~1900年(19歳~22歳) 東京時代
1900~1918年(アメリカ、デンマーク時代)
その他
に分かれています。
↓写真はそのごくごくごくごく一部です(かばおが気まぐれで撮っただけ)。
d0363525_12500552.jpg

d0363525_12502439.jpg





展示を見るにつれ、
小学校に上がる前の頃におばあちゃんが野口英世のことをよく話して聞かせてくれたことを
ふと思いだしました。
この年まで自分の中では野口英世を千円札でしか知らないことになっていたのに。
40年近く思い出したことは一度もありませんでした。

野口英世が日本に一度だけ凱旋帰国したのが大正4年。
おばあちゃんが生まれたのは大正5年。
義務教育の尋常小学校を幸運にも卒業できただけのおばあちゃんが伝記やらを読んだとは
とても思えないので、
日本全体が野口英世で一番盛り上がっていた時代だったのでしょうね。

しかも、借りた金はもらった金、遊郭大好きという実情がオープンになったのが第二次大戦後で、
大正~戦前までは英世の偶像崇拝が進んでいたらしく、
・みんなからカンパしてもらって16歳で左手の手術を受けた際、麻酔を使用せずに本を読んで痛みに耐えた
・「自分も黄熱病に罹ってよかった。今まで治してあげられなかった患者さんの分も自分が苦しむことができる」と英世が言った
とおばあちゃんから聞きましたが、これは事実ではありません(何冊かの資料で確認済み)。



おばあちゃんの記憶が影響しているのかわかりませんが、その後に野口英世の本を何冊も読んでしましました。
(まだ3冊残っています。)

伝記とはもはやフィクションですね、数ある野口英世の伝記はみんな内容が違います。



野口英世にしばし憑りつかれていました。
長くなってきたので次回に続きます。
(次回は写真ありません。)


[PR]
# by iamkabao | 2017-09-09 11:10 | 2017年東北 | Comments(0)

石ノ森萬画館

石ノ森章太郎は、私の親世代(第一次ベビーブーム世代)の子供時代~青年時代にかけて
高い人気を博した漫画家のようです。

私の記憶にうっすらあるのは仮面ライダーとかロボコンとか。
どちらも実写版でしか見たことがないんです。

宮城県石巻市のはずれ(たぶん)にある石ノ森萬画館は2001年7月23日にオープンし、
東日本大震災による休館を経て2012年11月17日に再オープンしました。
d0363525_12585497.jpg

「ちびっこばっかりだったらどうしよう、恥ずかしいなー」なんて心配してたけど、
年配の愛好家の団体やご夫婦が大半でした。
・・そりゃそうですよね。





正面入口に向かって右脇には、
「マンガを創り出す手」と題した著名漫画家の手の銅板があります。

モンキー・パンチ先生。代表作は文句なしに「ルパン三世」。
d0363525_12591455.jpg


楳図かずお先生。代表作は「漂流教室」かな?
d0363525_12590872.jpg


ちばてつや先生。代表作は「あしたのジョー」とか。
d0363525_12590017.jpg







正面入口に向かって左脇では、一時間ごとにからくり時計が時報を知らせています。
映画館さながらの音楽が流れるなか、石ノ森章太郎のマンガのキャラクターたちが
竜に乗って下りてきます。
d0363525_12573930.jpg
人生の諸先輩方が真剣に写真を撮ったりムービーにおさめたりしているので、
前をとおったり、大声での会話は控えたりと神経を使いました(笑)。





それでは館内に入りましょう。
d0363525_12592152.jpg





あ、入口の前でロボコンとガンツ先生がお出迎えです。
d0363525_12570461.jpg





その後ろに見えるのは、仮面ライダードライブの愛車トライドロンです。
有名なんですか、これ??
もう、ぜんぜんついていけないっす。
d0363525_12594686.jpg





館内の1F~2Fにつづく吹き抜けの通路に飾られていました。
d0363525_12593357.jpg





石ノ森ビオグラフィーです。
作品年表や、青春時代を過ごしたトキワ荘の15分の1スケール模型などもあります。
そうです、同時期に赤塚不二夫と一緒にトキワ荘で過ごしていたんです。
d0363525_12592718.jpg
かばお妻は、
学生時代(西新宿の文化服装学院時代)~15・6年間を都庁近辺で暮らしたので、
歩いて1時間弱のトキワ荘があった界隈を何度も散策したことがあったなー。
懐かしいっす。





1Fのグッズショップ脇にあったキャラクターの展示ケースです。
非売品でしょうか??
d0363525_12593914.jpg
こちらのショップで、マンガとカレーが合体した石巻カレー
2巻買って帰りました。


館内の展示品の写真がありません。
撮影禁止ではなかったと思いますが、なぜでしょう。





道をはさんだ向かい側にはこんな公園もありましたよ。
d0363525_12575034.jpg


地域全体が石ノ森章太郎という感じで、アニメの銅像とかも
あちこちに立っていました。
観光の集客に貢献していますね。

[PR]
# by iamkabao | 2017-07-25 10:57 | 2017年東北 | Comments(0)

天竜舟下り

天竜川(てんりゅうがわ)は、長野県~静岡県を通って太平洋へ流れている一級河川です。
流路延長は213km(日本全国9位)、流域面積は5,090km2(日本全国12位)。

源流は長野県岡谷市にある釜口水門(諏訪湖を一周できる遊歩道の一角にあります)で、
流域中のおよそ20か所にダムがあります。
昔から水害が幾度となく発生し、また水力発電にも適した地形だったということでしょうか。

1990年代に入ると、当時の田中康夫知事(県庁の執務室をガラス張りにして公開した人 笑)が
脱ダム宣言を出し、
後続のダム建設計画が次々と中止されました。

2006年に「平成18年7月豪雨」が発生し、天竜川も堤防が決壊して岡谷市では死者が出ました。
これも一因となり、田中康夫は同年の長野県知事選挙で3期目を目指しましたが、落選しました。

地元(かばお妻は長野県出身です)で当時聞いた話では、
当初は田中康夫を熱烈に支持していた有力者が次々と反旗を翻し、地元のTVなどで批判をはじめ
たそうです。

あー、政治家は有権者が命ですね。
かといって、豊田真由子議員のように秘書を恫喝したという噂は聞こえてきませんでしたが笑。

話がいくぶん脱線しましたが、それでは舟下り行ってみましょう105.png





天竜舟下り公認キャラクター「タッピーくん」がお出迎え。
d0363525_09275561.jpg




長野県南信地域(飯田市とか、峰竜太の出身地の下条村とか)では、
いらっしゃいませのことを「おいでなんしょ」って言うんですか?

北信地域(猪瀬直樹とか北村晴男弁護士の出身地の長野市とか、
清水アキラの出身地の山ノ内町とか)では耳にしたことがありませんけど。
d0363525_09280145.jpg




救命胴衣を着て弁天港(乗舟場)に向かいます。
d0363525_09282089.jpg




全員(30名ぐらい)で記念撮影をさせられてして
出舟しましたー。
d0363525_09282774.jpg
(かばおがせがむので記念写真買っちゃったんですけど。)




連休で天気も良く、お客さんが多くて、15時出発組は2舟でした。
舟頭さんがとっても痩せています笑

女性の舟頭さんもこの夏に誕生したらしいですよ。
d0363525_09283471.jpg




起伏のない緩やかな場所で、流れに任せて舟の上から景色をしばし堪能します。
d0363525_09284867.jpg




舟頭さんは、川底が浅い場所の石の位置などを確認しているようです。
(↑たぶん)
d0363525_09285340.jpg




南原橋が見えてきました。
d0363525_09290130.jpg

d0363525_09290753.jpg




南原橋の下を通過中です。
d0363525_09291309.jpg




これは確か、イルカの顔に見えるという岩だったかな?
d0363525_09292059.jpg




先に見える赤いアーチは天龍橋です。
d0363525_09292542.jpg




岸の上に温泉とか旅館とかが並んでいます(写真だとよくわかりませんが)。
d0363525_09293138.jpg




岸が見えてきましたね。
d0363525_09293794.jpg




時又港(着舟場)に到着しました。
d0363525_09294377.jpg




下舟して、帰りに駐車場まで送ってくれるシャトルバスの中から見た天竜川です。
d0363525_09295093.jpg



長野県飯田市の天竜川下りは、次の2社が運営しています(どちらもおよそ1時間)。

天竜ライン下り: 天竜峡から下流唐傘港まで下るコース
天竜舟下り: 松尾弁天港から時又港~天竜峡港まで下るコース


2011年8月に死者を出した天竜川川下り船転覆死亡事故は、静岡県浜松市の
天竜川で発生しました。
天竜浜名湖鉄道が運営会社でした。

業務上過失致死罪に問われた当時の船頭主任は、高裁で6年越しの逆転無罪を勝ち取ったようです。
(2017年9月20日)

とはいえ、飯田市の天竜川でも転覆事故は過去にあったようで(周囲にいた舟とかボートが全員救助)、
安全対策は怠らないで欲しいものです。





[PR]
# by iamkabao | 2017-07-15 14:31 | 2017年関東・甲信越 | Comments(0)

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま(福島海洋科学館)は、福島県いわき市小名浜の太平洋沿いにある水族館です。
2000年に開館しました。

約785種97000点の動物(魚とか?)が飼われていて(2017年3月末現在)、
さらに植物や海藻類も展示されているそうです。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では1階が水没し、海獣・鳥類を非難させました(同3月16日)。
例えば、
トド、ゴマフアザラシなどの海獣、ウミガラスなどの鳥類は鴨川シーワールドと伊豆三津シーパラダイス、
カワウソは上野動物園
ウミガラスは葛西臨海水族園
メヒカリやガーなどの魚類はマリンピア日本海。

その後も漁港の機能がマヒして大量のエサを調達できなくなったり小型発電機の燃料も底をついて
水の管理が限界に達し、海洋生物20万匹が全滅したそうです(同3月25日)。

しかし、震災から4か月後には早くも営業が再開されました(同7月15日)。
現在でも震災前の入場者数を回復できておらず、再建途中とのことです。


それでは、アクアマリンふくしま写真館 by かばおをお楽しみください笑。



d0363525_15272947.jpgd0363525_15280289.jpg

d0363525_15290320.jpgd0363525_15290918.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15291950.jpgd0363525_15303347.jpgd0363525_15292480.jpgd0363525_15302768.jpg

d0363525_15291466.jpgd0363525_15303983.jpg

d0363525_15304404.jpgd0363525_15304947.jpg

d0363525_15305472.jpgd0363525_15305997.jpg

d0363525_15310876.jpgd0363525_15311520.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15432264.jpgd0363525_15432881.jpg

d0363525_15312840.jpgd0363525_15313792.jpg

d0363525_15314218.jpgd0363525_15433423.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15434018.jpgd0363525_15434642.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15451478.jpg

d0363525_15440884.jpgd0363525_15441697.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15443060.jpgd0363525_15444028.jpg

d0363525_15442264.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15444748.jpg

d0363525_15445336.jpgd0363525_15450084.jpg

d0363525_15455161.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15461908.jpg

d0363525_15462431.jpg

d0363525_15455788.jpg

d0363525_15462997.jpgd0363525_15450955.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15463451.jpg

d0363525_15463829.jpg

d0363525_15464306.jpgd0363525_15464706.jpg

d0363525_15465248.jpgd0363525_15470213.jpg

d0363525_15470877.jpgd0363525_15471448.jpg

d0363525_15471934.jpgd0363525_15472479.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15475174.jpgd0363525_15475681.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15474000.jpg

d0363525_15474533.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15480171.jpgd0363525_15480780.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15481520.jpgd0363525_15483062.jpg

d0363525_15490610.jpgd0363525_15491862.jpg

d0363525_15493191.jpgd0363525_15493848.jpg

d0363525_15494476.jpgd0363525_15494821.jpg

d0363525_15530225.jpgd0363525_15530821.jpg


🐡 🐡 🐡 🐡 🐡


d0363525_15531409.jpg

d0363525_15532029.jpgd0363525_15532687.jpg

d0363525_15533949.jpgd0363525_15534580.jpg
d0363525_15533328.jpg
震災の時はここまで津波の水深があったのですね。
写真だと平屋の建物の屋根ぐらいですが、津波は4.2mの高さだったそうです。





[PR]
# by iamkabao | 2017-05-27 11:05 | 2017年東北 | Comments(0)